運転する人の目につかないところに
GPS端末を取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、
移動中の所在を確認したり、時間のある時に、データを取り出して行動の様子を分析したりします。

 

 

移動手段に、車を使わない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

 

こうすることによって、パートナーの行き先やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

 

GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、
その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、
こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

 

調査依頼には費用が必要ですが、
ご用意いただけない場合には、地図情報システムで調査するのも、方法の一つです。

 

GPS端末が付けられていることが知られてしまう恐れもあります。
レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠をみつけることもできるかもしれません。

 

まず、いつもなら好んで行くことがないような
コンビニの領収書をほぼ毎回見かけることが多くなったら、
その周辺に普段から行っている事になります。
そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

 

探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」
と簡単に考えてしまう人もいるようです。

 

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、
予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、
尾行するのは楽なことではないといえます。
変に思われてしまえば警戒されるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。
相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。

 

 

 

どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。
大抵、人の日々の動き方には決まりができるものです。
しかしながら、浮気をしている人は、その習慣が変わってしまいます。

 

 

時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを確認できたら、
行動をしっかりと観察すると、浮気の裏付けがしやすくなります。

 

 

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが見つかったならば、
別れるべきか否か決めかねますよね。
ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、
よく考えておくことが賢明です。

 

 

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、
慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚してしまうのも一つの案です。

 

 

実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、
思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

 

 

その場合でも、自分だけで乗り込むというのはさらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。
信頼する人に付いて行ってもらえば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

 

あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するのがベストだと思います。
よく着る服装が変化してきたら、浮気の恐れがあります。

 

 

浮気相手の趣味に合わせたものであったり、
格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。
突如、年よりも若めの色柄の格好着るようになってきたら、相当に危ない予兆です。
とりわけセクシーな下着をつけるようになった時、浮気の可能性もかなり高いです。